新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる

はじめにー。

新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる 新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる

最近の新幹線や特急列車では、インバウンド需要の追い風を受けて荷物置き場が着々と整備されつつあり、スーツケースなどの大きな荷物を持ち込みやすくなった。多くの人が利用する東海道新幹線も例外ではなく、「特大荷物スペースつき座席」(2020年5月〜)や「荷物コーナー」(2023年度〜予定)など、JRもあの手この手を打って出ている。

筆者は東海道新幹線の荷物スペースつき座席は比較的使いやすいと思っているが、ほかの路線に目をむけると自分の座席から離れた場所に荷物を置かざるをえないケースがあり、防犯上あまり好ましくない。また座席の上の棚(以下、荷物棚とよぶ)も車両によって大きさに違いがあり、大きな荷物ははみ出したり、載せることすらできないときもある。

そこでこのブログでは、

① 荷物棚以外で荷物を置けるところはあるか。あれば使いやすさはどうか。

② 荷物棚には、どのくらいの大きさの荷物を載せられるか。

この2つに加え、乗ってみて気づいたことなども混ぜながら、路線や車両ごとに解説していくことにする。この記事はその第1弾だ。

新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる 新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる

新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる

つづいて筆者のスーツケースを紹介する。

大きさは幅47cm、厚さ28cm、高さ75cmで、1週間以上の旅行にも対応できるものだ。立てたときの高さがかなりあり、当然ながら飛行機に載せる場合は貨物室に預け入れとなる。

東海道・山陽新幹線では2020年5月、それまではっきりしていなかった車内への大型荷物持ち込みルールが整理された。その要点をざっくり述べると以下の2つだ。

① 3辺合計が160cmを超える荷物は、持ち込むのに予約が必要。

② 予約して持ち込んだときは、最後部席の後ろ(特大荷物スペース)に荷物を置ける。

筆者のスーツケースは3辺合計が150cmなので、ギリギリ予約なしで持ち込める大きさというわけだ。

新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる 新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる

「特大荷物スペースつき座席」は、一部の指定席車両に設けられており、床の貼り紙が目印だ。「特大」をうたうだけあって広さは申しぶんない。

自由席など、特大荷物スペースがない(=貼り紙がない)車両では、そもそもオーバー160荷物の持ち込み自体、認められていないので注意が必要だ。勝手に持ち込んでしまうと、手数料として1,000円を支払わなければならない。

新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる

筆者のスーツケースは予約がいらないことは述べたとおりだが、利用が禁止されているわけではないので、きちんと手続きを済ませれば特大荷物スペースを利用できる。

このスペースは前の座席とセットで販売されるため、自分の座席が荷物から離れてしまう心配はなく、料金も通常の座席と変わらない。このあたりは制度的に優れていると思う。同じ新幹線でも、座席を撤去して予約のいらない荷物置き場を設置した北陸新幹線に対し、こちらは車両にはなるべく手を加えずにソフトウェア対策で推してきた印象がある。

新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる 新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる

ここまで特大荷物スペースについて述べてきたが、のぞみ号の車両「N700系」は荷物棚もかなり優れており、筆者のスーツケースもすっぽりと収まった。高さは一番高いところで40cmを超え(先頭車のみ35cm)、ほとんどのスーツケースに対応している。

新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる 新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる

N700系は座席の間隔も広いため、足元に荷物を置くこともできる。筆者のスーツケースはさすがに少し窮屈だが、逆にこれより小さいものなら余裕で置けると言ってよく、なんらかの理由で棚に載せられない荷物があるなら足元置きもオススメだ。ただ、テーブルを出すことはあきらめざるをえない。テーブルも使うなら機内持ち込みサイズくらい小さくないとダメだ。

新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる 新幹線(のぞみ)の荷物棚にスーツケースを載せる

デッキの様子。執筆時点で荷物を置けるところはないが、冒頭で述べた2023年度開始の「荷物コーナー」がデッキに設けられることになっている。2箇所ある洗面台のうち、片方をつぶして設置する(ただし新型車両「N700S」では初めから設置されている)とのことで、荷物を置く場所の選択肢がさらに増える。荷物コーナーは特大荷物スペースと同じく指定席とのセット販売になり、二重ロック方式で荷物を固定できるようになるため、セキュリティもより確かなものになる。

2箇所ある洗面台はコンタクトレンズのつけ外しのときに便利だったので、筆者にとっては少し残念なニュースでもあるのだが。

【まとめ】

① 大型スーツケースは、座席の上の棚に置ける。

② 中型スーツケースなら、足元に置いても余裕がある。

③ 3辺合計が160cmを超える特大荷物は、予約が必要。